teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


憧れの地へ

 投稿者:kaz  投稿日:2015年 1月18日(日)19時27分14秒
編集済
  >loadLifeさん、
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

>ほぼ死着のオンパレードでマレーシア産しか飼育しないと心に決めました。ハナカマキリ極めるつもりで気合いを入れています

私自身はさほどひどい目に遭ったことが無いので件のお店に悪い印象を持っていませんが、十郎さんも以前からloadLifeさんと同じようにおっしゃっていますし、ジャワ産の入荷時の状態は今も悪いようですね。昔は1ペアの販売でも5・6個体は同封されていたので結果的に1ペア以上生き残ることも多かったですが、今はどうなのでしょう?
それにしても、極めるつもりで、というのは素晴らしい決意ですね。茶化しているのではなく、見習いたいです。
単に付き合いが長く相性が良い種という意味では、私にとってはゴーストですかね。夏にモタついて成長が遅れてしまいましたが、現在9世代目です。しかし、入れ込んでいる種という意味ではマオウですね。何事もそうですけど、難なくできてしまうことよりも、悩んだり失敗したりしたものの方がのめり込みますし、あれこれ調べて勉強しますよね。

>給餌に追われ、気がつけばオスが終齢…今年は若齢での性別判断を完璧にしたいです。得意の個別飼育をしていますので、必要でしたら何匹でもどうぞ!

雌雄判別の精度を上げるには、ひたすら見る、これに尽きます。慣れれば2・3齢での雌雄判別もできるようになります。小型種の若齢はキツイですけどね。私は近年は眼精疲労といいますかピントフリーズと言いますか、目の調子が思わしくなく、若齢幼虫の雌雄判別に時間がかかるようになってしまいました。まだ老眼ではないと思いたいですが…。
ちなみに、よく「メスの腹節は6節、オスのは8節ある」といいますが、こう見えるようになるのは多くの種で3齢ないし4齢以降の話です。メスの腹節は6節しかないわけではなく、加齢すると6節目が発達するとともに7・8節目が小型化し、6節目に覆い隠されるような形になるのです。なので、2・3齢ほどの若齢幼虫の雌雄を判別する場合、腹節の数には性差は無いので指標になりません。ただし、数は同じでも6節目の形には性差が(軽微ですが)見られるので、これが判別の指標になります。

>スティックマンティスの寄生者ですか?また楽しみにしております。数年前、マダガスカル産のオオカマキリを購入した際に、内羽に赤いダニが数匹付いていたのを思い出しました。

スティックマンティスの…という寄主特異性は無いですが、カマキリの珍しい寄生者です。いつかご紹介します(すみません、まだ写真を撮っていません)。
マダガスカルのカマキリについていたというのは、おそらくタカラダニの一種ですかね。日本のカマキリにも寄生しているのが、よく見られますね。

-----

さて、話は変わります。
私は昨年、憧れの地であるマレーシアのキャメロンハイランドに行って昆虫採集を楽しみました。当時、日常生活で心身ともにボロボロになっていましたが、熱帯の自然に触れてみて、生き返る思いでした。現地では憧れのカマキリ達(そんなに多くの種を見たわけではないですが)をはじめ、色んな昆虫が見られました。人との交流も大変楽しいものでした。
相変わらず頻繁な投稿はできませんが、これからゆっくりと、当時の画像を紹介していこうと思います。
 
 

本年もよろしくお願い致します。

 投稿者:loadLife  投稿日:2015年 1月12日(月)20時22分7秒
  kazさん
昨日、メールありがとうございました。
ずいぶん前に回答して頂いていて、ありがとうございます。
ジャワ産ハナカマキリ
私は、昨年、ほぼ死着のオンパレードでマレーシア産しか飼育しないと心に決めました。ハナカマキリ極めるつもりで気合いを入れていますが、給餌に追われ、気がつけばオスが終齢…今年は若齢での性別判断を完璧にしたいです。
得意の個別飼育をしていますので、必要でしたら何匹でもどうぞ!
「ああ、ゴースの幼虫ね…」
そうでしたか!深読みしすぎました。スゴく大型になるゴーストとか?
「スティックマンティスにまつわる面白い話」
曖昧な質問ですみません。スティックマンティスの寄生者ですか?また楽しみにしております。数年前、マダガスカル産のオオカマキリを購入した際に、内羽に赤いダニが数匹付いていたのを思い出しました。
写真はムネアカハラビロカマキリを見つけた柳。この時は「クワガタおるかも♪」と近いたら卵嚢発見??葉が散っているうちに採取に行きたいと思っています。


 

新年のご挨拶

 投稿者:kaz@ケータイ  投稿日:2015年 1月 2日(金)03時12分6秒
  >まるみさん、

ご丁寧にお礼のお言葉をいただき、ありがとうございます。
数匹でも、成虫にまで育った個体がいたのでしたら何よりです。ハラビロカマキリは、餌を不足なせることなく、あたたかい室内で飼育していると、孵化から羽化までの所要時間が大体2ヶ月程度です。餌の不足だけでなく飼育温度が少し低いことも所要時間を長くする要因なので、「所要時間が長くなった=餌不足」とは一概に言えませんが、参考までに。
カマキリは飼っていると、色んな性質が見えてきて面白い昆虫です。ぜひまた飼育なさってみて下さい。

-----

さて、皆様。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
ホームページ本体の更新どころか掲示板への投稿すら稀な当サイトですが、気長にお付き合いいただければ幸いです。
今年は色々とご報告できるはず…多分、きっと。

カマキリとの付き合いも、見ていればそれだけで満足…という単純なものでもなくなってきましたが、楽しむという初心を忘れずにやっていきたいと思います。
そう、楽しいんですよ、カマキリって。今さら誰に解ってもらおうとも、面白さを説明しようとも、特に思ってはいません。でも、ここを覗きにいらっしゃる方々は、きっと私が語らずとも、カマキリの面白さに気付いていらっしゃる方々なのだと思います。そんな皆様にとって、今年1年が楽しいカマキリイヤーでありますように。

[画像]
マレー産ハラビロカマキリの一種のメスと、その卵嚢。
私の手元にある各種カマキリの卵嚢のなかで、今最も孵化を切望しているのが、この種です。これまで潤沢に維持できていたのですが、昨年の夏に手が回らず、著しく飼育個体数を減らしてしまいました。秋になって生き残りのペアリングに着手したものの、交尾させられたメスは1個体のみ。そのメスも、2個体のオスと交尾させたにもかかわらず、産卵もせずにずっとコーリングしていました。これは、普通に考えるとダメパターンです。このメスは、散々産み渋って、11月末にようやく産卵してくれました。それが画像の卵嚢です。なかなか形の良い卵嚢ですが…果たして、孵化してくれるのでしょうか。そろそろ予定時期なので、孵化していないかとソワソワしながら毎朝覗いては、ガッカリするという日々です(苦笑)。
今の私にとって1番大切なのは、ニセハナマオウでもバイオリンでもなく、このマレー産の種を含むハラビロカマキリ属です(1番好きなのは今でもマオウですが)。1種も減らしたくない、むしろ本属の飼育種数は増やしたい…そんな気持ちで切望していますが、果たして結果はどうなりますやら。

http://mantidmaniacs.net/

 

ありがとうございます

 投稿者:まるみ  投稿日:2014年12月27日(土)12時13分37秒
  kaz様

御礼が大変遅くなってしまいましたが、質問にお答えを頂きましてありがとうございました。

育てていた幼虫ですが、なんとか無事に羽化した数匹が、野外で見かけるハラビロに比べ身体が小さかったのでやはり栄養不足だったのだと思います。
かわいそうなことをしてしまいました。
また幼虫を飼育する機会があればもっと気をつけて育ててあげたいです。

お忙しいところをていねいなお答えありがとうございました。
今後もいろいろと参考にさせていただきたく思います。
 

紅紋大棘

 投稿者:kaz  投稿日:2014年12月 1日(月)04時02分4秒
編集済
  どうせ不定期になってしまうのですから、書けるときに書いておきます。と言うわけで、連投。

私はカマキリが大好きですが、サシガメも好きです。今日はサシガメの話を。

アフリカ産の大型サシガメと言えばPlatymeris属の3種が国内外で有名です。シロモンオオサシガメとベニモンオオサシガメ、トウモンオオサシガメ。はじめにペットルートに乗るようになったのは1990年のシロモン、その後95年頃にベニモンだと言われています。この2種は体長はほぼ同じですが、シロモンの方が腹幅が広いのでより大きく見えます。
1999年頃にはトウモンオオサシガメが流通するようになりました。トウモンは前の2種よりも大きく、体長40mmに届きます。
その後は長らく、海外の大型サシガメといえばPlatymeris属の3種、という時代が続きました。

2010年になると、そこに新顔が加わりました。それが今回紹介するPsytalla horridaです。体中が長いトゲだらけなので、海外ではGiant spiny assassin bugと呼ばれています。前翅や腹部には紅色の斑紋もあり、ベニモンオオトゲサシガメという名前が相応でしょうか。流通し始めの頃はPlatymeris horridaやらPsytalla (Platymeris) horridaなどと学名が充てられていましたが、今ではPsytalla horridaということで落ち着いています。Platymeris属から移動したということでしょうか。

本種の繁殖に成功したのはドイツ人のブリーダーで、しばらくは彼のところから限定的に販売されていました。私も輸入しようと思ってすぐにアプローチしたのですが、当時からなかなかの人気で、予約が数十人待ちという状況でした。ようやく2011年の夏に彼からベニモンオオトゲの幼虫が送られてきたのですが、結果は全滅。惨憺たるものでした。原因は単純で、カップ内に加湿していたことによる蒸れでした。すぐにその件を伝え、加湿せずに送るように伝えたのですが、彼は「本種は湿度を要求するから加湿は必須。」の一点張り。そんなわけはないと、オオサシガメ類を長年飼育してきた私としては納得がいきませんでした。結局話は平行線で、その後に彼から本種が送られてくることはありませんでした。

しばらく余裕がなく、本種のことも2年以上すっかり忘れていました。しかし良いブリーダーと知り合う機会に恵まれ、今年の初めに念願叶って本種を輸入し、手元で飼育できるようになりました(余談ですが、このブリーダーも、オリジナルのブリーダーから本種を入手するために交渉面で苦労したとのことでした(苦笑))。

いざ飼ってみると、やはり大型で魅力的な種でした。加湿?えぇ、幼虫や成虫の飼育にはもちろん必要ありませんでしたよ。
最近知ったのですが、秋頃に国内のショップにも本種が入荷し、最近では少しだけ流通するようになっているのですね。

それにしても、シロモンとベニモンしかいなかった市場にトウモンという大型種が新顔として現れ、その約10年後にベニモンオオトゲという更に大型種の新顔が現れる…なんともドキドキさせられる展開です。次に現れる新顔は、どんな魅力的なサシガメなのでしょうね。
性格面では合いませんでしたが、ベニモンオオトゲサシガメの繁殖に成功して、素晴らしく魅力的な本種を流通させてくれたオリジナルのブリーダーには心から感謝したいですね。
 

ニセハナマオウ10周年

 投稿者:kaz  投稿日:2014年11月30日(日)21時52分4秒
編集済
  半年以上も放置していました。余裕があるときに、無理がない範囲で書き込もうという考え方に変わりはありませんが、投稿いただいていたお二方には申し訳ありません。

>loadlifeさん
>kazさんがジャワ産ランカマキリを飼育された経緯
いえいえ、これはジャワ産を飼育するようになった経緯、ではなく、久しぶりにランカマキリを飼育するようになった経緯、のことです。単に、直接入手したという話なのですが。この話題も、いい加減にそろそろ紹介しないといけないと思っているのですが。撮りためた画像のRAW現像が億劫で…。

>2011年7月2日の「あぁ、ゴーストのオス幼虫ね。と思ったあなたは、まだ甘い」
これ、単なる小ネタです(笑)。画像の中にオス幼虫だけでなく、メス幼虫も写っていますよ、という。本当にこれだけです。

>「スティックマンティスにまつわる面白い話」があると触れられていました。後日、その時の画像がドラゴンの若齢だったと報告されて驚きました。
随分昔の話なので、思い出すのに難儀しました。スティックマンティスの件とドラゴンの件は別ですよね?!スティックマンティスの件は、寄生者についての話題です。死体は保存してありますが、まだ顕微鏡写真を撮っていません。撮ったらご紹介します。


>まるみさん
お困りだったでしょうに、適切な時期にお応えできずに申し訳ありませんでした。例年夏季は余裕がなく、どうしてもお問い合わせに対して回答できないことが多いです。
今更ではありますが、一応お答えしておきます。

>ハラビロの幼虫の餌について質問させて頂きます。
まず、ハラビロカマキリの5-6齢幼虫に対しては、ショウジョウバエはかなり小さな餌であると思います。満腹にさせるために膨大な数のショウジョウバエを食わせるのであれば問題ありませんが、若齢を飼育するときと同じ感覚で最低限の個体数のショウジョウバエしか与えないのであれば、栄養が足りないということはあるでしょう。
カマキリは脱皮後には外骨格が薄いです。脱皮後の十分な摂食により、外骨格が厚く固くなり、それとともに皮下脂肪が充実します。これが前提です。ところが栄養状態が著しく悪いと、そもそもなかなか脱皮するほどに育ちません。さらに、ようやく脱皮しても栄養不足で脱皮後の体を丈夫に形成することができず、さらに皮下脂肪が薄くて体が透けたような状態になります。

まるみさんのハラビロカマキリの状態は、私が知っている上記の症状に似ています。実物を見ていないので確証は一切ありませんが、可能性の1つとしてご頭に留めておいていただければと思います。重ねて申し上げますが、ショウジョウバエが悪いわけではありません。ショウジョウバエを5・6齢のような大型幼虫にあたえるのであれば、膨大な数を投入してカマキリが飢餓状態にならないように気を付けると良いです。

>脱皮した後に今までの餌が突然合わなくなるということはあるのでしょうか。
私の経験では、ありません。
むしろ拒食気味だった個体が、脱皮後にリセットでもされたように餌を食い始めることがあるくらいです。

-----

2014年、秋。私が初めてニセハナマオウカマキリを飼育したのが2004年の秋ですから、今年で丸10年です。早いものです。10年前から毎年本種を飼育していますが、いまだに魅せられています。ずっと累代できているわけではなく、何度も殖えていますし何度も絶えています。それでも、昔よりも力まずに飼育に臨むことができるぶん、ずいぶん気が楽になりました。
あまり丈夫ではない本種の幼虫であっても、アフリカからペットボトルに入れられて空輸されるなど、昔の入荷時の状態は非常に厳しいものでした。繁殖どころか、無事に加齢させることさえままならなかったほどです。近年では輸送状況が改善され、お店に入荷する本種の状態も見るからにマシになりました。流通量も以前より増え、入手できる人も増えたことでしょう(昔はどんなに高価でも即時売り切れていました)。
ずっと遊びのネットサーフィンをしていなかったので最近まで知らなかったのですが、今年は卵嚢や若齢での入荷も随分あったようですね。本種の飼育情報が載せられたウェブページも、昔よりも多くなっているでしょうし、新たに飼育・繁殖に臨む人達には良い時代になりました。

今年は、国内だけでなく海外でも野外採集されたニセハナマオウの卵嚢の入荷がかなり多かったと聞いています。短期的に見れば飼育者にとっては入手難度が低くなって良い時代になったと言えますが、個人的には野外での採集圧が格段に上がってしまっていることを危惧しています。なかなか乱獲のせいで生き物が絶えてしまうことはないと思いますが、もともと本種のように形態的にも生態的にも特殊な昆虫が、野外で高密度に生息しているようにも思えません。そう考えると、野外採集の規模が増大することは、長期的に見ればあまり良いことではないかも知れません。どちらにしても飼育者としては、入手した個体を無駄死にさせないよう、累代を心掛けたいところです。

 

ハラビロの餌

 投稿者:まるみ  投稿日:2014年 8月 5日(火)12時21分57秒
  こんにちは、ハラビロの幼虫の餌について質問させて頂きます。
5~6齢のハラビロにトリニドショウジョウバエを与えているのですが、今まで特に問題ありませんでした。
ところが、脱皮して数日後からおなかの後ろ足の付け根部分あたりに黒い色が透けてみえるようになり(身体が透けているので餌が通っていくのが見えますがそれが残っている感じです)、さらに数日後死んでしまうということが続きました。

消化不良で餌が身体に残っていたのかもしれないと思いますが、脱皮した後に今までの餌が突然合わなくなるということはあるのでしょうか。
また、5~6齢のハラビロにショウジョウバエはよくないのでしょうか。
詳しい方に教えて頂けましたら幸いです。
 

ジャワ産ランカマキリ孵化

 投稿者:loadlife携帯  投稿日:2014年 6月18日(水)23時14分9秒
編集済
  kazさんこんばんは。あっと言う間に、前回書き込みから一ヶ月が過ぎてしまいました…
先週、ジャワ産ランカマキリの卵嚢が無事に孵化しました。飼育部屋の温度設定を21度にしていたので、孵化までに50日掛り、焦りかかった矢先の孵化でホッとしています。
オークションのランカマキリはおそらく私です。2月から3月頃に3回、出品しました。ランカマキリの入荷が無かったためか、凄いアクセス数でした!繁殖成功できそうな良い個体から出品したため、手持ちの雄が突然死したりして、カツカツでの孵化です(汗)
kazさんがジャワ産ランカマキリを飼育された経緯気になります。
気になりついでに、この掲示板で書かれていた記事で、ずっと気になってた事があります。
2011年7月2日の「あぁ、ゴーストのオス幼虫ね。と思ったあなたは、まだ甘い」まだまだ甘いので教えて下さい。
また投稿日をまださかのぼって調べられないでいるのですが、「スティックマンティスにまつわる面白い話」があると触れられていました。後日、その時の画像がドラゴンの若齢だったと報告されて驚きました。
ずっと気になってたのでお願いしますm(._.)m
 

色々

 投稿者:kaz  投稿日:2014年 5月16日(金)02時09分4秒
編集済
  ちょっと前のことですが、玉水さんのところでの私のユーザーIDが消えてしまっていました。一定期間の利用がないとIDは消えるよ、と随分昔に聞いていたので、驚きはありませんでした。しかし、もう10年以上お世話になっていて、長らく有効だったIDが消えてしまうというのはかなり寂しいものでした。すぐに作り直しましたけれど。しばらくコオロギを買わないくらい餌の消費量が減っていたという事実は、去年の自分の状況を思えば仕方のないことでもありました。何事も計画的に行いたいところですね。
…毒にも薬にもならない、オチもない話ですね、我ながら。いや、何といいますか、玉水さんのところでのIDが消えてしまったのは、個人的にはそれくらいショックだったのです(苦笑)。

>loadlifeさん、
お久し振りです!いや、嬉しいですねぇ。お元気そうで何よりです。転職なさったとのことで、林業でしたらハチ類のコロニーに遭遇することも多いでしょう。羨まs…いえ、十分にお気を付け下さい。
流通量から推測すると、ランカマキリはジャワ産のものでしょうか。もしかして以前オークションでお見かけした方がloadlifeさんかなぁ…なんて。ランカマキリは、私も久し振りに飼育しているところです。飼育するようになった経緯を、そろそろ書かなきゃなぁ…と思ってみたり。

>ゴールデンウイークにハラビロカマキリの卵嚢
お休みのところ、わざわざありがとうございました。大変助かります。今年までは以前と同じ家に住んでいるので、ヤマトかゆうちょの着払いでお送りいただければ幸いです。よろしくお願い致します。
ちなみに、そろそろ孵化時期が近付いているので、早めにお送りいただいた方が良いような気がします。日程に関して、こちらの都合は考慮していただかなくて結構です。メールアドレスも以前と変わりませんので、何かありましたらそちらでも伺います。


[画像]
なんだか大きいから別種。外見的に似ているから同種。産地が「それっぽくない」から別種…。もちろん、それじゃあいけません。何にでも根拠が必要。ここ数年は我慢の連続。
 

ずいぶんとご無沙汰しています。

 投稿者:loadlife携帯  投稿日:2014年 5月14日(水)12時47分29秒
  kazさん、お久しぶりです。
3年前に十数年続けた仕事を辞め、林業に転職しました。その時のドタバタで、一種のみバイオリンマンティスを維持していましたが、絶えさせてしまいました。なかなか自分一人の時間も作るのが大変で、カマキリの飼育は一度諦め、クワガタ、カブトで楽しむつもりでしたが…やっぱりカマキリがいないと淋しいですね??昨年からハナカマキリに絞って飼育再開しました。今の仕事は昼休みは餌獲り放題です!
さてゴールデンウイークにハラビロカマキリの卵嚢を2個見つけましたので、kazさんに送ろうと思います。以前の住所でお変わりないのでしょうか?
 

レンタル掲示板
/117