投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


NHK山口、取材を終えて

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月23日(日)09時55分3秒
返信・引用 編集済
  日々の出来事で、先日のNHK山口放送局の取材、聴視出来ませんが番組チェックしていたら
7/28の報道特番「米軍基地とどう向き合うか」ゲスト植村秀樹(日本の国際政治学者)と出ていました。
家で取材を受けるのは、テレビ朝日に次いで2回目、どの程度使われたのか、DVDの到着待ちです。
写真は取材を終え、スタップと記念撮影、背後はきれいになった県林業試験場です。
 

シラネアオイ果実

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月22日(土)11時39分27秒
返信・引用
  シラネアオイ、花は記憶している方も多いのでは
画像はシラネアオイの果実です。
 

スステンを見てますか

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月21日(金)07時54分24秒
返信・引用 編集済
  定点撮影している知人のブログ(7/16)に、スステンの画像がアップされていました。
1991~2005年、夜明けの囀り録音を終え、帰る6時前後にキテンは何度か見ましたが
スステンは有りませんでした。 珍しいのではと思い投稿

前回のソウシショウニンジン訂正⇒ソウシシヨウニンジン

URLは、Noriの一息ついてから  http://noriphotoa.exblog.jp/

 

ソウシショウニンジン

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月20日(木)09時56分46秒
返信・引用
  散策から、ソウシショウニンジンとタマゴタケ幼菌  

コノハズク

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月18日(火)07時36分11秒
返信・引用
  八ッ場ダムが出来る川原湯地区へ35年位前、コノハズクの鳴き声録音や
観察に出かけ、その後は自然の中で見る機会も有りませんでしたが
今朝、友人のホームページへ投稿が有り、昔を思い出しました。

キムヒロのページ→最近の野鳥→#4489 で見られます。

URL は http://kimu.jp/
 

アオバズク

 投稿者:三井田 進メール  投稿日:2017年 7月16日(日)13時36分52秒
返信・引用
  皆様 暑中お見舞い申しあげます。
このところ、私が住む環境豊かな天神山麓から夜間アオバズクのホゥ、ホゥの寂しげな声が玄関先で聞こえてきて心が癒されます。『時には、毎年定住しているホトトギスの声も多々』
時節柄なので、昨年撮りましたアオバズクの写真、一時の清涼剤として貼ってみました。
追伸:6月18日開催しました伊香保森林公園での観察会、ご参加の皆様には担当者としてお礼申し上げます。
 

回折2

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月14日(金)08時23分59秒
返信・引用
  太陽光の入射角度、撮影角度で、回折の程度もいろいろ
2015年の回折現象撮影から
 

回折

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月13日(木)17時15分9秒
返信・引用
  晴れた日の散策は、大きめの蜘蛛の巣もさがしながら、
陽が良く当たり、適度な高さで、巣の面を自由な角度で
撮れる様な巣を、今回は巣の面と太陽の角度が大き過ぎました。
7/8 赤城自然園散策で
 

遅咲きのササユリ

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月12日(水)08時15分23秒
返信・引用 編集済
  遅咲きのササユリ、赤城自然園で(7/11)

6月5日、斎藤 譲 氏がセグロカッコウの鳴き声を伊香保森林公園で収録され
管理人K氏と、10年近く撮影に訪れているM氏に当時の様子と確認に7/9出掛け、
飛来の確認が出来て、来シーズン再び飛来するか楽しみ一つ出来ました。

1985年前後からマイフィールドで良く通い、鳥見仲間も沢山、その日20年ぶり
位に知人夫妻と会い、旧交暖めましたが話の中で、最近の撮影マナーについて
絵作りに拘り樹木の枝を切ったり、散策路の通行を阻害したり、目に余る行為が
いろいろと、名前も挙げていましたが、個人の資質なのか、呆れて拝聴。

1990年台、コマドリへの餌付け撮影が盛んになり、餌付けを自慢する輩まで
当時落鳥を資料として送付していた、山科鳥類研究所のスタッフへ電話して
問題が無いのか聞いた事が有りました、「餌付けして撮った写真に価値が有るの」
と一笑に付されてしまいました。

今年は放たれたか逃げ出したか、居付いているシマリスも餌付けされ、びっくり
自然の生き物に対し、啓蒙が必要な大人が多すぎる様に思う昨今。
この日は、ミドリシジミの乱舞も見られ、撮影準備の間に捕獲されてしまい
見たり撮影を楽しむ間も無く、蝶マニアに捕獲されるのは残念。
皆さんは、どう思われますか、いろいろ意見を聞きたいです。
 

日々の出来事、NHK山口取材

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年 7月10日(月)08時09分49秒
返信・引用 編集済
  約束の10時に車2台で制作担当、岩国支局の記者、カメラマン、録音の4名訪問
取材は当時の様子や、両眼視改造機、それに撮影した様子の再現を撮ったり、
合間に、居間に貼っているパノラマ写真、そのほか編集時に使えそうな所を
もれなく撮っている感じ、自室で提供する200枚近くの比較明合成写真説明や
背面飛行の連写、5枚と15枚組をPCで説明、当時5月の19時頃動画撮りの再生音は
32kHz,12bit,monoですが、迫力有る轟音がAV装置から流れ、驚いた様子でした。
関東では聴視出来ないので、後日DVDとの事、一寸楽しみです。

NHK-TVに顔を出すのは3度目で、最初は30年位前、当時は電源車、中継車、調整?
と3台のバスタイプで、現場、車の間に沢山のケーブル、リハーサルも有りました。
2回目は群馬県内のいろいろ一週間の中で、野鳥観察の様子の中でインタビュー
形式、この頃は今と同じベータカムタイプで三脚と肩乗せの両用でした。
写真は動画から静止画2枚
 

/31