投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


国際宇宙船通過 11/19

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年11月20日(月)09時03分11秒
返信・引用
  11/19日は、見え始めから見え終わりまで
時間 04:57:51 ~ 05:03:15、レンズ10mm F3.5
ISO-3200、自作自動赤道儀、レンズヒータ
仰角45度で地上も入り、横位置そのまま、下が真南
 

オオムラサキ幼虫

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年11月19日(日)07時15分44秒
返信・引用
  越冬準備で降りてきたオオムラサキの幼虫  

国際宇宙船通過11/17

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年11月17日(金)17時20分26秒
返信・引用
  今朝の気温はマイナス、そのぶん澄んだ空でした。
天文暗闇終了直後で、街明かりが気になる程度。
通常北極星を上部にしますが、投稿画像幅799ピクセル
になり、消滅する星も増えるので、この形で
 

シノリガモ

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年11月15日(水)18時40分6秒
返信・引用
  谷畑 様
遅くなってしまいましたが、「染谷川のシノリガモに思う」興味深く読みました。
繁殖地・奈良沢から越冬地の銚子港まで、他県での観察記録も有りそうですが
今後が楽しみですね。
 

私の絵日記17

 投稿者:谷畑藤男メール  投稿日:2017年11月 8日(水)14時43分42秒
返信・引用
  高崎市を流れる染谷川で、シノリガモ雄を見たのは8月中旬のことでした。今夏の観察を絡めて、「野の鳥11~12号NO344」に群馬県のシノリガモについて報告しました。合わせてご覧いただければ幸いです。  

はくちょう座 変光星 χ(カイ)

 投稿者:森野洋一路  投稿日:2017年11月 8日(水)06時25分41秒
返信・引用
  いつも星座のラインを引く際に写っていない
はくちょう座のミラ型長周期(408日)変光星(χ カイ)
11月上旬ころ極大光度になるので撮影:2017/11/06 18:19

過去の画像と比較で、2017/03/04、ISS光跡撮影時のはくちょう座
 

十三夜月(栗名月)

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年11月 1日(水)19時29分57秒
返信・引用
  中秋の名月の他に、もう一つの名月
11/1 今夜は十三夜月、栗の時期で栗名月とも呼ばれるとか
 

国際宇宙船通過11/1

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年11月 1日(水)07時55分19秒
返信・引用
  早朝三日連続で晴、通過が天文暗闇の時間帯、榛名や赤城に行けば
銀河も一緒に撮れる条件、いつもの近くのポイントで撮影準備
街明かりで銀河はマスクされてしまい、感度アップも星ばかりに
 

国際宇宙船通過10/31

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2017年10月31日(火)17時07分24秒
返信・引用
  今朝は雲が若干流れましたが、ほぼ雲の無い所を通過、日の出40分前で
星が見えなくなる直前でした。数分になるので露出設定が・・・
画像2枚目は、ISS光跡撮影終了後、東側の空
 

私の絵日記16

 投稿者:谷畑藤男メール  投稿日:2017年10月31日(火)12時58分26秒
返信・引用
   ツツドリ死体の続編です。4種のカッコウ類は死体になるとよく似ています。特にカッコウとツツドリは悩みます。今回のツツドリ(と思われる)死体の観察で2つのことに気づきました。①口内は橙赤色で、上部に黒い斑点が2つある。②翼縁に白い部分がある。
 ①については雛の時期の特徴です。死体は幼鳥と思われるので、雛の特徴をまだ残しているようです。成鳥になると消えるかも知れません。②については「赤い卵の謎」(樋口)という本にも載っていました。カッコウ類の写真(翼縁が写っていれば)をお持ちの方、翼縁をチエックしてみましょう。
 カッコウ類の死体に出会ったら、口内と翼縁に気をつけましょう。
 

/38