teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. !! ★注目!! 【ドイツと日本の 修好150周年を記念して、カンタータを歌いませんか!!】 (0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


8/31ハートフルコンサート良かったですよ

 投稿者:宮崎昭良  投稿日:2019年 9月 2日(月)11時45分45秒
返信・引用
  この掲示板は余り利用されない様で一寸心配だったけど・・投稿してみました。

久しぶりに団員の皆さんに会えてまた元メンバーも大勢見えていて懐かしく時間が足りなかった。
結局箕輪さんと小林さんにはご挨拶できませんでした、ごめんなさい。
演奏は、うたに始まって最初は声を抑えているようで少し硬かったけど、童謡を歌い進めるに従って
伸びのある歌声が心地良かったです。
周りの方々も肩や頭を揺らしながら、お隣の男の子と若いお母さんもウキウキと弾んで
皆さん楽しそうでした。

全員合唱では、同席のコールクライスの久野さんとお仲間も一緒に声を出しました。
今も30数名で歌っておられる様で新宿フィルの責任者としても汗を流しておられるそうです。
何処も合唱メンバーの維持に苦労されていますね。
でも今日のプログラムは親しみ易くていいと思います、団員が増えるといいですね。

二部では箕輪さんの朗々たる独唱を久しぶりに堪能させて頂きました。
またジャズ・ミサは私も一応歌った事がありますが、結構乗ってましたね、特にピアノの
小林さんの手元がリズミカルで私には大変興味深かったです。

そしてやはり日本の歌曲はいいですね、この辺になると皆さんも楽しんでおられましたね、
のびのびと、とても素敵な演奏でした。

最後に一寸辛口、女性の声にもう少し深みが増したら、もっと説得力のある合唱になるように
思います。男声の方が口が開いていたように思います。
勝手な事ばかり・・、私には出来ないけど皆さんにはそのチャンスがあるし、もっともっと
楽しい川混を創り上げて頂きたいと思います。
そして吉野団長さん、よい機会を戴き本当に有難うございました。
心よりお礼申し上げます。 宮崎



 
 

11月16日の練習会場

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月16日(水)13時11分5秒
返信・引用
  あけぼのホールに変更になりました  

今年もありがとうございました

 投稿者:管理人  投稿日:2015年12月30日(水)23時03分36秒
返信・引用
  2015年の練習は12月23日で終わりました。
佐久と新宿の演奏会に賛助出演し、新しいホール、ウエスタ川越での合唱祭参加と沢山のステージもありました。
合唱祭後は「水のいのち」に取り組み始め、「ふるさと」の練習も始まりました。
来年は「落葉松」等も取り組み始めます。
来年も仲間を増やしていきましょう。
 

梅のカリカリ砂糖漬け

 投稿者:Akiみや  投稿日:2015年 6月 8日(月)21時36分31秒
返信・引用
  試しに1kg漬けました。適当な道具が無いので梅を割るのが中々大変でした。
年末には食べられるはず、楽しみに待ちましょう。
レシピは、ネットにも色々ありましたが、佐久混声から戴いたものがとても丁寧で
分かり易かったです。来年は自家産の梅できっと立派に作れるでしょう。
有難うございました。宮崎
 

Re: そろそろ歌いたくなりました!

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 5月 7日(木)21時48分37秒
返信・引用
  > No.262[元記事へ]

浅里さん、早く戻ってきてください。
いつでもお待ちしていますよ。
 

そろそろ歌いたくなりました!

 投稿者:浅里芳政  投稿日:2015年 5月 6日(水)00時11分49秒
返信・引用
  皆様お久しぶりです。長期休団中(?)の浅里です。
現在練習されている「鳥が」は、学生時代の思い出の曲です。
当時は「やさしい魚」の中の一曲として歌いました。
また、新宿文化センターで賛助出演するようですが、大学3年のときに同センターで歌い、指揮もしました。

しばらく合唱から遠ざかっていますが、最近になって、また歌いたくなってきました。
いつになるか分かりませんが、そのうち一度見学に行きたいと考えています。
その際は温かく迎えてやってくださいね(笑)。それでは!
 

カリカリ梅レシピの用意するものの訂正

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 4月12日(日)22時17分39秒
返信・引用
  先日、カリカリ梅のレシピをご紹介しました。が、「用意するもの」の記述が違っていました。訂正します。

ただ、レシピの処理自体(記述内容)は、間違いはありません。

用意するもの
・青梅 1Kg
・塩  150g
(先には砂糖と書いていました。塩です)

・調味料 ○A 砂糖100g
       酢 200g

・調味料 ○B 砂糖 400~600g
       焼酎 20cc (ホワイトリカー)
       酢  20cc~50cc (お好みで)

・ステンレスボール、ステンレスざる

作り方

① 青梅1Kgに150gの塩をまぶし、水を青梅がひたひたに浸かる程度に入れ半日置く。
② ①の梅の水を捨て、梅を梅割り機で割り、種と分ける。
 (種はガーゼの袋などに入れ、後で一緒に漬けると良い)
③ ②の梅を、酢と水3:1の割合の駅の中に半日漬ける。半日 経ったら、ざるで水を切る。
④ ③をボールに移し ○Aの調味料を加えて時々混ぜながら、また半日置く。(水分を抜くための捨て漬けです)
⑤ ④の梅をざるにあけ、1?位の熱湯を回しかける。(歯ごたえが良くなる)
⑥ 梅をボールに戻し、○Bの調味料を煮立てて掛け回す。
⑦ 時々かきまわし、完全に冷めたら梅漬け用のビンに移す。
 

カリカリ梅レシピ

 投稿者:Akiみや  投稿日:2015年 3月23日(月)20時22分29秒
返信・引用
  佐久HPからの転載有難うございます。
今年はきっと良い梅が採れると思うので作って見ようと思います。
向こうにもお礼の書き込みをしておきました。
先ずはお礼まで、
 

打ち上げ会ご好評の「梅のカリカリ砂糖漬け」作り方

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 3月22日(日)17時27分15秒
返信・引用
  佐久混声合唱団の掲示板に掲載されていた記事をここに転記します。

演奏会の打ち上げ会でお出しした「梅のカリカリ砂糖漬け」が大変ご好評を頂きました。是非、他の団の方からレシピを公開してほしいとのことで、掲示板に掲示します。
この掲示板をご覧頂いた他団の方は、是非本件の事を自団内に知らせてあげて下さい。

用意するもの
・青梅 1Kg
・砂糖 150g

・調味料 ○A 砂糖100g
       酢 200g

・調味料 ○B 砂糖 400~600g
       焼酎 20cc (ホワイトリカー)
       酢  20cc~50cc (お好みで)

・ステンレスボール、ステンレスざる

作り方

① 青梅1Kgに150gの塩をまぶし、水を青梅がひたひたに浸かる程度に入れ半日置く。
② ①の梅の水を捨て、梅を梅割り機で割り、種と分ける。
 (種はガーゼの袋などに入れ、後で一緒に漬けると良い)
③ ②の梅を、酢と水3:1の割合の駅の中に半日漬ける。半日 経ったら、ざるで水を切る。
④ ③をボールに移し ○Aの調味料を加えて時々混ぜながら、また半日置く。(水分を抜くための捨て漬けです)
⑤ ④の梅をざるにあけ、1?位の熱湯を回しかける。(歯ごたえが良くなる)
⑥ 梅をボールに戻し、○Bの調味料を煮立てて掛け回す。
⑦ 時々かきまわし、完全に冷めたら梅漬け用のビンに移す。

信州は涼しいので何年も保ちますが、漬けてから半年位から食べられます。
(東京では柔らかくなるかもしれません)
赤い色にしたい時は、赤シソの葉を一度塩で揉み、アクを捨ててから一緒にビンの中に入れておくと、1年半位で赤くなります。
少し手間がかかりますが、ぜひお作りになってみて下さい。
 

信濃毎日新聞のWEB版に演奏会の記事が載りました

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 3月17日(火)21時17分23秒
返信・引用
  以下のリンクをクリックするとみられます
http://www.shinmai.co.jp/news/20150316/KT150315SJI090007000.php
 

レンタル掲示板
/13