teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:35/1171 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

交尾について

 投稿者:kaz  投稿日:2015年 9月14日(月)00時40分46秒
  通報 編集済
  >みつさん、

はじめまして。管理人です。どなたからか投稿が無ければ私自身もあまり更新しない掲示板ですので、新規の投稿は歓迎致します。

>ハラビロカマキリの交尾について

さっそくですが、ご質問の件について。
まず、ハラビロカマキリのメスは羽化後に豊富な餌が与えられていれば、7日から10日、餌不足気味でも3週間以内には性成熟します。コーリングもしているとのことですし、羽化後1ヶ月が経過していることからも、おっしゃる通りお手元のメスは間違いなく性成熟しています。

その上で、メスがなぜオスとの交尾を拒絶している(ように見える)のか。それは単に、メスがオスをちゃんと識別できていないためです。単独性の生活を営み捕食性の肉食昆虫であるカマキリにとって、自分以外の他個体は基本的には全て敵あるいは捕食対象です。そのため、いくら交尾相手を求める未交尾のメスであっても、相手がオスであると識別できるまでは敵なのです。正体不明の生物が自分に接近してきたら攻撃する、これはカマキリのメスの自然な反応です。
ではメスはどの時点で、相手が敵ではなく、交尾のためにやってきたオスであると識別するか。これが確実に成されるのは、オスがメスの背に乗った瞬間、もっと正確に言うと、オスが前脚でメスの体を強くつかんだ後です。カマキリのオスは、交尾の際にそっとメスの背に乗ったりしません。激しく飛びかかり(種や個体によっては翅をバサバサはばたかせさえする)、前脚でメスの体を激しく挟みます。その激しさ故に、メスの体に傷がついて血リンパが滲むこともあるほどです。オスが背に乗った瞬間には一瞬攻撃しようとするメスもいますが、オスの激しいアプローチを受けると、性成熟したメスであれば体を硬直させ、攻撃しなくなります。そうすると、オスは徐々に体制を整え、交尾器の挿入に移行するのです。
みつさんの場合は、オスを人為的にメスに近づけるやり方が上手くなく、オスがメスによって早々に敵認定されてしまっているのでしょう。おそらく、オスを食べられてしまわないように慎重になり過ぎるあまり、かえってメスに気付かれ易くなってしまっているのだと思います。
一般的なカマキリを飼育下で交尾させる場合、落ち着かせるべきはメスではなくオスの方です。オスが憶病になってしまうと、そのタイミングではなかなか交尾しようとしてくれなくなります。反対に、メスの方は落ち着かせる必要がありません。むしろ落ち着かせずにゆっくり歩き回らせる方が、オスを近づける際に、ちょっとやそっとでは気付かれずにやり易いほどです。
幸い、ハラビロカマキリはオスの交尾活性が高く、人為的に交尾に導きやすい種です。簡単に交尾を成立させるためには、左右の手ににオスとメスをそれぞれ乗せ、オスを乗せた手をそっとメスに近づけてオスの触角がメスの背(前翅)に触れるようにします。そうするとオスはメスに気付きます。しばらくその状態を維持しておくと、おもむろにオスがメスの背に飛び乗って交尾が成立します。オスがメスの背に飛び乗った瞬間は、メスが激しく抵抗することもあります。前脚を背中に回してオスに掴みかかることもあるほどです。しかし、それはハラビロカマキリには珍しいことではないので、慌てないで下さい。オスが前脚でメスの体を強く挟むうちにメスの攻撃性は低下していくのが一般的ですし、もしそうならなくとも、一度メスの背に乗ったオスは往々にしてうまく交尾に至るものです。なお、メスが前脚を使って抵抗するところまでは静観しても、万が一顎でオスに噛み付こうとした場合は、そっと手やピンセットなどで介入して共食いを防ぎ、オスを補助してやると良いです。ただし、その際もオスをメスから引き剥がす必要はありません。あくまで、メスに噛みつかれることだけを防げば良いです。

[画像]
百聞は一見にしかず、ということで、手元のペアを使って実演してみました。携帯電話で撮影しながらということで手は自由に使えなかったため、いつもとは異なり壁に止まらせてやってみました。

1枚目
メスの背と言いますか前翅にオスの触角が届く距離に置きます。この画像では触角は触れていませんが、オスはちゃんと触角でメスに触れていました。この時点で、オスはメスを識別しています。メスはまだ気付いていません。ちなみに、いつも私はメスを右手に乗せ、左手に乗せたオスをメスの背に近づけるやり方をとっています。

2枚目
突然オスがメスに飛びかかります。ブレてはいますが、勢い余って(?)オスの前脚がメスの頭部付近まで届いてしまっているのがお分かりいただけるかと思います。一見オスがメスを攻撃しているようにも見えますが、ごく一般的なアプローチです。なお、飛びかかった直後のオスは必ず前脚でメスの上半身を掴むわけではなく、アバウトにメスの上に飛び乗る、といった感じです。この際メスは一瞬抵抗しますが、オスが前脚で強く掴むことで、多くの場合メスの攻撃は止まります。また、万が一止まらない場合もオスはそう簡単に食われたりしません。

3枚目
やがてメスが落ち着くと、オスは正しい位置まで下がり、交尾に移行します。

http://mantidmaniacs.net/

 
 
》記事一覧表示

新着順:35/1171 《前のページ | 次のページ》
/1171